正しい靴の選び方。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。
金子マサオです。
「正しいスーツを選ぼう」ではスーツの上着とパンツの選び方について書きました。
今回は靴です。中でもドレスシューズを取り上げでみましょう。
皆さんは、ファッションで靴の大切さをご存知でしょうか。
「お洒落は足元から」と言われるように靴はファッションにおいて重要度が高いのです。
上のフレーズは、お洒落は足の爪先から頭の天辺まで完璧にならないといけないいう例えであります。
結構、無理難題を言ってますよね。
だから、まずは足元をきちっと固めることがとても大切なのです。
もう一つ例えを。
海外一流ホテルのドアマンは、お客の靴を見て、その人の質を見定めていると言われています。
いくら偉ぶっていてもく靴が汚かったらダメということです。
ついでにもうに一つ格言を。
ベルルッティという高級靴の3代目当主オルガ・ベルルッティ曰く「靴を磨きなさい。そして自分を磨きなさい」
皆さんは靴をご自身で磨いていますか?
長い間靴を磨いてなかったら、是非この機会に磨いてみてください。
さて、前置きが長くなってしまいましたが、最初に揃えたいドレスシューズは何かときかれれば、間違いなく黒の内羽根式ストレートチップです。
なぜかというと、この靴は冠婚葬祭のフォーマルなシーンからビジネスシーンでも広範囲に使用できるからです。
もう一つの選択肢は黒のキャップトゥ。
こちらはビジネスシーンには最適です。
次は形ではなく、色を変えてみます。
茶系のものを一足揃えましょう。
あり得ない靴
先が尖って上を向いていドレスシューズは私の中ではあり得ません。
なぜそのような靴が跋扈しているのか不思議でならないのですが…。
こういうオーセンティックなものとは対極にあるものは避けるべきです。