正しいスーツを選ぼう!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんばんは。金子マサオてす。

皆さんはスーツをどのような服だと思っていますか?

スーツを制服や作業着のように思っているならば、それは間違いです。

スーツを着ることでカッコ良く見えないのは、スーツの選び方が間違っている証拠です。

スーツはビジネスシーンには欠かすことのできないアイテムです。

ほつれがあったり、破れているのは論外ですが、結構見かけることもあります。

スーツを選ぶとき、普通は試着して正面から鏡に映して似合ってるかを考えます。

スーツを自分で見るときには、鏡で見れば、正面、横は確認できますが、後ろ姿を確認することはできません。

しかし、スーツは後ろから見たときに本当の格好よさが出るのです。

f:id:maxxkun:20180819194522j:image

大体、合っていないスーツは、肩甲骨あたりが浮いてしまっていることが多いです。

f:id:maxxkun:20180819194723j:image

肩から肩甲骨、背中、ウエストあたりにきれいなドレープが入り、シワがなく、背中全体が美しく見えるのが間違いのないスーツと言えます。

後ろ姿がきれいに見えると、颯爽とした凛々しい雰囲気を醸し出してくれます。

男性のスーツは体型をカバーしくれて体を美しく見せてくれます。

出来れば後ろ姿にも気を配って、スーツ選びをしてみましょう。