雑誌より有効⁉︎ ドラマで学ぶメンズファッション。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさん、こんばんは。
金子マサオです。
しっとりした雨の日。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
ファッション、お洒落を磨くにはどのような方法があるのか。
最初に思い浮かぶのはファッション誌を見ること。
今ではネットのファッションコーデサイトなんてこともあります。
ファッションを学べる環境は以前より多くなっているように思います。
そんな中からわれわれの世代はどれを選んだらいいのでしょうか。
雑誌ならば、世代別、カテゴリー別などの切り口があります。
例えば、OCEANS。キャッチコピーは、「37.5歳からのメンズファッション&ライフスタイルマガジン」となっていて、年齢とアウトドア系のの切り口です。
また、safasiは「大人のLAスタイル&セレブファッション」。
MEN’S EXは「仕事のできる"いい男"のためのファッション&ライフスタイル誌。
他にもありますが、割愛します。
雑誌のいいところは、季節毎に見ることができることでしょう。情報の速さはネットには劣るものの過去を振り返るには紙の媒体は有効です。
しかし、雑誌やネットで得た知識をもとにコーディネートを真似してもなかなか思うようにならないという人もいるでしょう。
やはり雑誌はどうしても幻想を抱かせるという側面があり、必ずしも等身大の読者に伝っていないことがあります。
そこでご提案したいのが、以前深夜のテレビ東京で放映されていた「俺のダンディズム」というドラマです。
妻子持ちの冴えないビジネスマンがファッションに目覚めていくというストーリー。
このなかで、語られるアイテムのこと、ブランドのことなど、メンズファッションの歴史もわかる仕掛けになっています。
深夜放映でもあり、あまり多くの人には届かなかったかもしれませんが、われわれ世代には必見のドラマと言えるでしょう。
「俺のダンディズム」Amazonプライム・ビデオに観られます。