ファッション誌を見ても一向におしゃれになったと感じない人へ。自分を知ることから始めてみましょう。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今日は初夏のようなお天気に恵まれました。外出した方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ところで皆さんはファッション誌を購読してますか?

毎月発売される男性ファッション誌。熟読とまではいかないけれど、買ってよく目を通している。なのに自分のファッションになかなか自信が持てない。

服の着こなしがうまくいかない。コーディネートをどうしたらいいのかわからない。努力はしているつもりなのに結果が思うように伴わない。

こんな悩みを抱えてはいませんか?

雑誌の通りに同じアイテムを着てみても、決して同じような着こなしにはならないのは、着ている人が違うからです。

雑誌に載っている通りのコーディネートからファッションを学ぶのは至難の技です。なぜなら、かっこいい体型のかっこいいモデルが着ているからです。

誰もがモデルのようにイケてる中年ではなくて、劣化が目立ち始めたオッサンです。同じようにならなくても不思議ではないのです。

体型を考え、自分自身を理解することは大切です。

着こなしの要点は、今現在の自分を理解してことから始めましょう。

出っ張ったお腹。丸くなった肩。髪の毛の具合。

こんな身体になってもきちんと服を着こなすことができるのです。

形、色、身体に合ったサイズ。服は見ただけではどう身体に合うかわかりません。

やはりリアルなものを見て、触れて、着てみるという面倒だけれど当たり前のことをする。

これを繰り返しいくうちに自分という外見がわかっています。

少なくとも失敗はあるかもしれません。まずはトライ&エラーをして多くの服に接してみてください。

フォローする