あなたはファッションを難しくしていませんか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ファッションがどうしても決まらないと悩んでいる方がいらっしゃるようです。そんな方のために書いてみました。ご一読ください。

ファッションについての強いこだわりを捨ててみる。
ファッションを難しくしているのは考え過ぎているからか、あんまり考えなしにコーディネートしてしまっているかのどちらかです。あまりに自分の意識にこだわっていると傍目から見て、いいようには捉えられなくなることがあります。自分のこだわりを一旦捨ててみることも肝要かも思います。

考えなしの着こなしは清潔感が損なわれることもある。
当たり前のことですが、何も考えずに服を着ていてもファッションは決まりません。大人のビジネスパーソンには、自分ではファッションをそんなに意識しなくてもいいという考え方には反対です。われわれの年齢になると、加齢に伴って清潔感が失われてくるので、キチッとした格好をしないと野暮ったくなったり、老けて見えてしまいます。

サイズに合う服を探す。
以上のことに覚えがある方は修正が必要です。何をすればいいのかというと、服の歴史を辿ると以前は採寸してのオーダーメイドが当たり前でした。オーダーメイドは体にフィットする服が得られるメリットがあります。一方、既製服の歴史はそんなに長くはありません。しかし、既製服の作り手は多くの人の体にフィットすることを研究してきました。既製服を選ぶのに大切なのはフィットすることです。だから自分のサイズに合うもの、サイズ感を確かめることが重要なってくるのです。

多くの人がサイズ感を間違えている。
一概に体にフィットする服を考えると、多くの人が大きめのゆったりした服を選びがちです。話をオーダーメイドに戻すと、オーダーメイドは体のラインを綺麗に見せるためサイズ感を大切に作ります。同じように既製服も体のラインが綺麗に見えるものを選ぶと大きめのものは選択肢から外れます。

基本色を選べば色で迷うことはなくなる。
色は多くを使わないことが肝要です。また、基本色となる色を揃えることからファッションが安定します。スーツならネイビーとスーツグレー。シャツなら白かサックス。これらを中心にネクタイの色を決めていけばいいのです。

決してファッションは難しくない。
上記のことを実践するだけでファッションが決まります。ファッションはある一定のルールを守れば失敗することが少なくなります。ファッションを簡単にするのはあなた自身の考え一つです。

フォローする