情報はお洒落センスの5割を制す‼︎

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんばんは。
50歳からのお洒落をご紹介している金子マサオです。

物事を知っていることと知らないことでは雲泥の差があります。ファッションについても同じことが言えます。

我々は生まれつきファッションのセンスがあるとは言えない人種なので、日々の努力によってセンスを磨いていかなければなりません。

どうやってファッションセンスを身に付けるかというと、一つには的確な情報を得ることです。情報には質と量があります。ファッションセンスを磨くには二つともあった方がいいのですが、最短距離を目指すのであれば、「質」に拘ります。また、「質」を間違って捕えると明後日の方向に行ってしまいますから注意が必要です。

ファッション雑誌から情報を得ることが今まででは一般的でした。しかし、的確な情報は雑誌ではなかなか得ることはできません。雑誌は広告で成り立っているので、クライアントに左右されてしまうというジレンマを抱えています。これはネットで展開されている企業のサイトも同じです。

ショップはどうかというと、百貨店は避けます。
理由は我々が買うべきものがあまりに少ないからです。ゼロではありません。本当に少ないのです。有名なブランドがあるじゃないかと思われている方、有名ブランドも私たちのメインターゲットではありません。やはり上品のものを求めていくと、セレクトショップに行きつきます。

ビームスハウス、ストラスブルゴ、バーニーズ、シップス、和光、サンモトヤマ。

また、ショップの店員はどうかというと「売り上げ」という呪縛があって、お客様に対してどこまで親身になってくれるかは疑問が残ります。中には本当に親身になってくれる店員さんもいます。ですが、そういう人はある程度のトライ&エラーを繰り返す中で、巡り会う人なのです。エラーを極力減らしたい。勝手だが近道を通りたいと思っている人には難しいでしょう。

解決策は何か? 質のいい情報を提供している人、媒体を探すことです。例えばこのブログは全体の1割にも満たない年収1500万円を得ている方に向けて書いています。これはあくまで目安であってこれくらい稼いでいる人には、このくらいのブランドを着て欲しいという私なりの願望が含まれています。

ですから、ここでは具体的なショップやブランド名を出してみなさんのお洒落へのお手伝いをしています。

質の高い情報は得てしまえば、お洒落センスの獲得に5割以上は達成できたと言えるでしょう。間違った情報を得て、何十万円というお金を無駄にしないように確かな情報を得ることが肝要なのです。