身内のアドバイスを受けないこととは?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんばんは。
50歳からのお洒落をご紹介している金子マサオです。

みなさんは奥様やパートナーにファッションを委ねていませんか?
買い物が好きではないからと言って、大人の男性がすべてを委ねてしまうのはどうかと思います。

奥様やパートナーはあなたにとって適切なアドバイスをしてくれているでしょうか。して貰っているのならいいのです。それこそセンスあるお洒落ができているはずですから。

しかし、そうではないのが現実なのではないでしょうか。自分よりは少しはマシなセンスくらいですべてを任せているのだから当然です。

奥様やパートナーはどこで買ったらいいか。どこに50代でも似合う服があるのか知っている人はあまりいないのでは。

50代でも似合う服はそんなに多くはありません。百貨店でも私がオススメできるようなブランドは一割にも満たない。

これだけ選択肢が限られた中であなたに似合うものを選ぶのは至難の技です。

メンズファッションの基本をしっかりと習得した方ならば問題はない。でも現実は違う。

それならいっそのことあなたがファッションを学べばいいのです。

自分のファッションに違和感を感じたあなたは至極まともな感性を持っています。

オンタイムでもオフタイムでもファッションに貫かれている根本は同じです。

選ぶ場所。選ぶ人。選ぶもの。この一つでもバランスが崩れたら、いいセレクトはできません。

今からでも十分間に合います。ビジネスでは他人より抜けん出ることは重要です。ファッションを整えて人より効果印象を与えることができたなら、それだけでもライバルとのアドバンテージがあります。

他人、特に身内の人の助言をあてにせずあなた自身の装いを完成させていきましょう。