残念なお洒落NG集。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんばんは。
50歳からのお洒落をご紹介している金子マサオです。

◎ジャケット、スーツの上着の釦を上から止めてしまっている。
三つ釦段返りのジャケットの釦は第二釦だけを止める。座った時は釦を外す。これは鉄則ですので覚えておきましょう。

◎ジャケットやコートの袖に付いているタグをそのままにしている。
タグは外します。買ったままの状態ではタグが付いています。袖のタグは使われている生地を表すものなので付けたままではいけません。結構な人が付けたままにしているので驚きです。

◎スラックスの折り目がなくなっている。
スラックスの折り目(クリース)がなくなっていてヨレヨレの状態。これではお洒落な大人を目指すことはできません。最低でも小綺麗にしてなくては。きっちりとアイロンまたはクリーニングをしてビシッとクリースの入ったスラックスを穿きましょう。

◎ニットが毛玉だらけになっている。
自分では気づかないようですが、他人から見たら毛玉の付いたニットは貧乏臭く映ります。毛玉の解消法は洋服専用のブラシでブラッシングが一番です。ハイゲージのニットに毛玉取り機を使うと切れてしまうことがあるので注意してください。

◎胸ポケットありのシャツを着ている。
ペンやたばこを入れられるから胸ポケットは便利です。しかし、国際標準に当てはめると、胸ポケットは例外になります。特にビジネススタイルの時は胸ポケットなしが標準と思ってもらっていいです。