ジャケパンで、ベルト&バッグを選ぶ。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんばんは。
50歳からのお洒落をご紹介している金子マサオです。

ジャケパンコーデ最後の課題は小物です。ベルトやバッグなど脇役っぽく扱われがちですが、気を抜けないアイテムたちです。

シャツをインして着る場合、パンツの腰回り、お腹のあたりはベルトがくる位置になります。ここは体全体の真ん中なので、結構目立つ場所。ベルトがイマイチだとコーディネートすべてがダメになることにもなりかねません。

ベルトの基本はピンバックルのものを選びます。そして、ブランド物のベルトは避けます。その理由はブランド物のベルトはバックルの主張が強過ぎるからです。ブランドのベルトだけがやたら目立っているのは却ってお洒落ではない。

あと、ベルトの色は靴合わせる。これ基本です。
全く同じ色だなくても似かよったものでもいいです。色味がチグハグにならないよう注意しましょう。


ジャケパンスタイルにはどんなバッグが合うのでしょう。バッグの場合は用途によって大きさが異なりますね。

大きなものではトートバッグ。中くらいのものはバッグパック。小さなものはボディバッグやクラッチバッグなど。この時ショルダーバッグは避けた方がいいです。

それはショルダーバッグを斜め掛けるとジャケットの裾が絡まるので格好悪い。カジュアルな装いであっても、キチッとした見栄えをキープしたいものです。

フルラトートバッグ

フルラバックパック

フルラクラッチバッグ

フォローする