ジャケットに合わせるシューズは何がいいのか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんばんは。
50歳からのお洒落をご紹介している金子マサオです。

ジャケットを中心としたコーディネートの仕方。今回はシューズです。わりと見逃しがちなシューズ、靴。

予算のかけ方も、ジャケット、シャツ、ボトムスと揃えて、靴は最後になってしまうことが多いようです。

しかし、お洒落な大人を目指すのなら靴を軽んじてはなりません。よく言われる逸話は、ホテルマンはまず足元の靴を見る。磨き上げられているのはもちろんのこと、靴のクオリティから相手を判断することもあるのだそうです。

靴マニアになる必要はありませんが、靴の持つ重要性を感じて欲しいものです。

ではどんな靴を合わせたらいいのか?

いわゆるジャケパンスタイルでの靴の決め方は、ボトムスに影響されます。

デニムパンツには断然スエードの靴を合わせたい。形はローファーでも紐靴でもストラップの靴でもいいでしょう。

スエードの靴はカチッとしたビジネススタイルには向かないけれど、フランネルのウールパンツにも合わせられます。守備範囲は広く柄物パンツでもOK。

スエードではなく、表革ならやはりローファーがカジュアルな装いとの相性はいいてすね。

  

フォローする