ネクタイの結び方一つでセンスがわかってしまう。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ディンプルがきれい入ったネクタイ。

こんばんは。
50歳からのお洒落をご紹介している金子マサオです。

ネクタイの結び方ことを意識してしていますか?
私が見る限り、多くの人があまり意識していないように感じます。

スーツやジャケットを着た時に、真っ先に目に相手の目に止まるのがネクタイです。

色や柄との組み合わせでお洒落に決まったり、そうでない場合も出てきます。そして、ネクタイの結び方の上手、下手でもって(^。^)相手に与える印象が違ってくるのです。

お洒落に見えるネクタイの結び方のポイントは3つです。
プレーンノットで結ぶ。
結び目をしっかりと締める。
ディンプルを入れる。

一つ一つ説明していきす。
一番シンプルな結び方です。これをマスターすれば、ほぼ完璧になります。

結び目をしっかりと締めることでネクタイがズレにくくなり、首元がキリッと引き締まります。

ディンプルとは結び目の下できる窪みのことです。ディンプルを作ることで洒落感が増します。

以上の3点を上手くするには上質な素材のネクタイの方がやり易いのです。ご購入時にはよく検討してくださいね。

フォローする