着こなしのコツは色数を3色以下に抑えること。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんばんは。
年収1500万円の人のためのお洒落をご紹介している金子マサオです。

多くの方が間違った着こなしをされているのは、色の使い方です。

色が多いシャツに柄か入ったジャケットを合わせてみたりしがちです。

いわゆる紳士服ショップにはこういった多色使いのシャツが豊富に置かれています。

私たち大人のお洒落を目指すには、シンプル&スマートな着こなしをしていきたいものです。

それには一つのコーディネートで全体を3色以下に抑えることを考えるべきです。

これは簡単そうに見えて、結構難しいのです。ここはトライ&エラーを繰り返しながらマスターしていくしかありません。

基本形は同系色の組み合わせ。同系の色の変化、グラテーションをつけてコーディネートする方法です。

次は相性のいい色との組み合わせを考えます。イタリア人が好む青系と茶系の組み合わせは、とても便利でコーディネートの幅を広げくれます。

モノトーンに一色をブラス。たとえば、グレーのスーツに暖色系茶色やエンジ色のネクタイをブラスや、寒色系の紺色のネクタイをブラス。

ここではまだシャツは冒険せずに、白シャツをもってきます。

スーツ、シャツ、ネクタイを合わせて3色にまとまります。

ビジネススタイルでは、こういった法則性を忠実に守れば、変なスタイルの着こなしにはなりません。

一方、カジュアルスタイルはどうかというと、基本的にはビジネススタイルと同じ考え方でいいと思います。ただ使えるアイテムが多くなる分、迷われる方がいらっしゃるのではないでしょうか?

アイテム数を減らすことと、色数を減らすことを考えてコーディネートすればいいたけです。

あまり難しく考え過ぎない方がいいですよ。

フォローする