お洒落はお金では買えない。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。

年収1500万円からのお洒落をご紹介している金子マサオです。

いくらお金を使ってブランド物の服や靴を買っても、変な着こなしの「ダサい」人はたくさんいます。

お洒落はお金をかければいいというものではないのです。

それなりの予算は必要ですが、私たちは服だけで生きているわけではないので、収入の適切な配分が必要です。

しかし、逆のパターンもあって、お洒落に全然お金をかけなさ過ぎる人も「ダサく」見えてしまいます。

お洒落は自分の趣味以上のものを、情報を相手に与えています。

私の場合でも服を選ぶ時には、お洒落な場所で、お洒落な人から買っています。

わけのわからない場所でダサい店員から買って失敗することがありました。

エラーを犯して気づいたことは、「ダサさ」は連鎖するということです。

ここでお気付きの方もいらっしゃるでしょうが、私は「ダサい」という品のない言葉ををあえて使ってきました。

「ダサい」の代わりに「センスがない」と置き換えても通じます。

「センスがいい」「センスが悪い」と言ってしまうと、それだけで、その人が先天的に持っている能力のように感じませんか?

しかし、ファッションセンスは後天的にものになります。それこそ「センスのいい」お店と人からサービスを受ければです。センスのいい環境に浸かれば後からでも「センス」は付いてきてくれます。

「ダサさ」が連鎖するのと逆にお洒落も連鎖するのです。

1ヶ月に1回とは言わず、お洒落な場所で食事をしたり、買い物をしたりセンスあるものにトライしてみてください。お洒落の感覚が自然と体に染み込んでますよ。

フォローする