今でもリアルで服を買う。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。

年収1500万円からのお洒落をご紹介している金子マサオです。

高額なものほど実際に見て、触れて、試着して買うべきです。

ネット通販が伸びていても、われわれ世代はじかにものに触れることを多く経験しています。

もしネットで買うならば、そのアイテムを前に購入しているか、サイズ感がわかっている場合です。

すべてのECを否定するつもりはありませんが、失敗する確率を最小限に抑えるためにもリアルなものを見て買うべきなのです。

では、実際のものが見られないオーダーメイドの服はどうなのか?という疑問があるでしょう。

これはオーダーメイドを受けてくれる仕立て屋が信頼できるかどうかにかかってきます。

信頼に足る仕立て屋の情報はこれからご紹介していきますのでご安心ください。

簡単に思われている既製服の方が実は選ぶのが難しい。

まず自分の身体にフィットするブランドを探すことから始めなくてはなりません。

ブランドごとに作りのコンセプトや方向性が違いますので、自分の身体に合う服は試着しなくては見つからないのです。

同じブランドでもそのブランドで作ったものと、別注品では作りが違います。

例えを挙げると、キートンという最高級と言われる既製服のスーツを試着しましたが、あまりしっくりときませんでした。でも、タイ・ユア・タイ製キートンのスーツはぴったりでした。

さらに言うと、キートンのスーツはダメでしたが、ジャケットは合うのがありました。

このようにブランド一つとってもサイズ感は異なり、アイテムごとに合うものと合わないものがあるのです。

これで試着の大切さがお分かりいただけたのではないでしょうか。

これが靴だともっと慎重に選ばなければなりません。

靴についてはまた別の機会に書きたいと思います。

フォローする