40代、50代の男性も「美しさ、エレガント」を基準にしたファッションを求めてもいいのではないだろうか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

みなさん、こんにちは。
スタイリストの金子マサオです。

プライベートも仕事も充実した年齢に達するのが40代、50代ではないでしょうか。

ゴールデンエイジ、プラチナエイジと呼ばれるこの世代をさらに輝かせるには外見
を整えることも大切になってきます。

パーティーへのお誘い。ラグジュアリーな場所でのお食事や接待。こういった場所
にはそれ相応の装いが必要になってきます。

ビジネスのシーンではスーツが主役になりますが、今着ているスーツはいかがでし
ょうか? 年齢相応な着こなしが出来ていると思われますか?

私は、この40代、50代の男性の装いに向けて1つのキーワードを届けています。
それは「美しさ、エレガント」です。

よく女性に使われる言葉ですが、この世代だからこそ男性の装いも美しくあるべき
なのです。

では具体的にどのようなものを装うことで「美しさ」が醸し出されるのでしょう。
端正な着こなしはもとより、服の持つ風合いやご自身に合うサイズ感が大切です。

ここで間違ってはならないことは、高価なものを装えば、美しくなると思わないこ
とです。

高価なものは素材が良かったり、作りが良かったりするものですが、それを装った
からと言って美しさが生まれるとは限らないのです。

また高価なものではなくても、しっかりした作り手のポリシーが感じられるものを
纏えば、上品な美しさが漂うものなのです。

その理由は作り手がものに魂を吹き込んでいるからです。ものに宿るエレガントさ。

かけがえのない世代だからこそ上質な美しいものを選び、上品さと優雅さを身に付
けたいものです。