ワードローブを見直した場合、どういう服から揃えていけばいいのか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさん、こんにちは。

スタイリストの金子マサオです。

先日、ワードローブの大改革をするには、買う場所、買う物、購入金額を一度見直してみる必要があることを書きました。

買う場所でお勧めしているところはセレクトショップです。理由は基本的なアイテムが揃っていることと、服に関する知識のある店員さんがいるからです。

ある意味、ショップの店員さん次第でいい買い物になるかそれとも失敗するか分かれると言っても言い過ぎではないのです。

そして買う物。何を揃えるかで今までのワードローブを見違えるものにできます。

まずはビジネスの基本アイテムであるスーツです。選ぶものはグレーの無地。デザインはシンプルなシングルの三つ釦段返り。襟はノッチドラペル。スラックスはノータックまたはタックありでも構いませんが、シルエットは膝から下が細くなっいるテーパードラインです。

シャツは白無地に限ります。襟はセミワイドカラー。

そして足元を見過ごすわけにはいきません。黒または茶のキャップトゥが必要です。

ビジネスファッションではこれだけ揃え直せばかなりイメージチェンジできるでしょう。

多くの方が悩んでいるオフィスカジュアルやプライベートのカジュアル服ですが、最初は紺のジャケットを揃えます。

紺のジャケットならばオフィスカジュアルでもプライベートでのお食事でも使えて重宝します。

最低限これだけはという必須アイテムを書いてみました。ここからワードローブを見直してみませんか?

フォローする