ダウンジャケットはブランド、ラインナップによって機能面で違いがあるのを知っておく。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさん、こんにちは。

スタイリストの金子マサオです。

この季節、欠かすことのできないアイテムと言えば、ダウンジャケットです。

このダウンジャケット、実はブランドやラインナップによってデザインだけでなく、機能性が異なるのです。

ダウンそのものの品質はもちろん、ダウンの量やダウンを包んでいる生地でも保温力が違ってきます。

ダウンはデザインだけで選ばないことも必要です。暑がりの人が保温性の高いダウンでは温か過ぎでしまいます。

実は私も最高に温かなダウンを持っていますが、あまりに温か過ぎて汗をかいてしまいます。都会で使うには高機能なものでもちょっと考えものだなと思います。

最近は室内に入れば暑いくらいなので、ある程度の保温力があればいいのでないでしょうか。

そこでシチュエーションによってダウンジャケットの使い分けをお勧めします。

よく車を使っている方は保温力がそんなに高くないものでも良いと思います。薄手のダウンベストをジャケットのインナーにする着方や、少し厚手のダウンベストはジャケットの上に羽織る着こなしができます。

また、外出する時には保温力の高いダウンジャケットで、インナーはハイゲージのニットという組み合わせがいいでしょう。

デザインとは別に機能面で選ぶのも1つの方法かもしれません。

フォローする