どうしても知っていてもらいたいオーダースーツのこと。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさん、こんにちは。

スタイリストの金子マサオです。

世間に「オーダースーツ」と呼ばれるスーツには
いろいろなものがあります。

2着で5万円というかいうものから、
1着で数十万円というものまであります。

この値段帯はどう違ってくるのか。
これは作り方の違いが値段に反映していると言えます。

2着で〇〇円の方は「オーダー」という文字を付けていますが、
パターンオーダー、イージーオーダーと呼ばれるものがほとんどです。

パターンオーダーというのはゲージ服と呼ばれる既成服を
着てサイズの調整をしていきます。

イージーオーダーは多くの型紙の中から体型に合ったものを選びます。

そして、フルオーダーと言われるものは、採寸してから型紙を
起こしてから作るものです。サイズ感が一番合うのがこのフルオーダーです。

これらの違いは価格帯、納期、それぞれのメリット・デメリットに反映されてきます。
ここではそのこと以外のことを書いていきたいと思います。

それはオーダーで作るに際して、採寸する人(職人さんや店員さん)で最終的な
作りが大きく異なる場合があります。

実はここがかなり大切なところです。
お店(仕立て屋やオーダースーツ店)の選択を間違えると、
はっきり言って変なスーツができてしまいます。

これはお店の技術とセンスによるところが大きいでしょう。

私が思う変なスーツとは、妙に悪目立ち過ぎたり、
一度きたら他の場所では二度着られないほど派手だったりします。

多いのはオーダーだからと言って、奇を衒った裏地や釦、
釦ホール、ステッチを使ったていたりします。

私がお勧めするオーダースーツは、目立ち過ぎず、
オーセンティック(正統派)な上品さを備えているものです。

言い換えれば「美しいスーツ」です。

オーダースーツを作っているところで、
「美しさ」を標榜しているところは限られてきます。

価格や納期、ブランド生地などで謳っている
ところは「美しいスーツ」を作っているとは限りません。

私はみなさんに着て欲しいと思っている「美しいスーツ」は、
値段帯よりもはっきりと作り手が見えるものです。

作り手が見えるとは具体的に誰が責任をもって作っているかという
ことです。

ある程度の出費をするので、作り手が見えないものには
手を出して欲しくありません。

折角のオーダースーツ、美しいスーツを作るべきなのです。

フォローする