マストバイという雑誌や広告のフレーズに惑わされないように。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさん、こんにちは。

スタイリストの金子マサオです。

「マストバイ」という言葉が踊っている雑誌をたくさん見ます。

そのまま直訳すると、「買うべき」ということになるのですが、そんな毎月のように買うべきアイテムがあるというのは雑誌や広告の戦略に他なりません。

また、「ベスト何とか」「限定〇〇」いう言葉も作為的なものが感じられます。しかし、これらの戦略にハマってしまうのは良くわかります。このような冠言葉に弱いのはわたしだけではないはずです。

そこで気をつけなくてはいけないことは、自分がどこに立っているか、立脚点を明確しなくてはならないことです。

ファッションに限らず、世の中にはあらゆる誘惑があります。

人に勧められるままにしていたら、ご自身のファッションはいつまでたっても自分の意志とは関係のない方向に向かってしまいます。

手に入れるアイテムは決まっています。それはあなたの内面を引き出してくれることや、あなたのポジションが明確にわかるアイテムなのです。

経営者やエグゼクティブは見られる立場にあることを再度自覚する必要があります。

極論すれば、あなたの趣味趣向はどうでもいい。それをそのままビジネスファッションに取り入れることはできないのです。

ビジネスファッションには一定のルールがあります。それに従って装うことが肝要です。経営者は目立つことが第一でなく、相手に好感の持たれる装い。言い換えれば、見映えの良い上品な装いを心掛けるべきです。

雑誌や広告で言われている「マストバイ」に惑わされてはならないのです。「マストバイ」はあなたにとって決してマストなアイテムとは限らないからです。

フォローする