ジャケパンスタイルの基本はネイビーのジャケットとグレーのパンツで決める。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさん、こんにちは。

スタイリストの金子マサオです。

着こなしの基本について書いていきたいと思います。40代なら必須の1つがジャケットです。ジャケットはパンツと組み合わせたスタイルを通称ジャケパンと言います。

単品ジャケットとパンツというコーディネートは、メンズファッションの幅を広げるには最適です。

特に40代からはジャケットの着こなしをマスターしたいものです。

では、どんなアイテムを着ればいいのでしょうか?

ビジネスでスーツを多用している方は時にプライベートでもスーツを着てしまうことがあります。休日にスーツというのは少し硬い感じがしますので、ここはジャケパンスタイルをお勧めします。

もしあなたの会社なり、ビジネスでジャケパンスタイルが可能なら尚更にこの着こなしをマスターしたいものです。

いきなり単品ジャケットと言われてもどこでどんなものを購入すればいいのかわからない方もいらっしゃるでしょう。

先日も紹介しましたスーツカンパニー、ユニバーサルランゲージ、ユナイテッドアローズグリーンレーベル、シップスなどのショップです。。
まず最初の必須アイテムはネイビーのジャケット。形はシングルの3つ釦。イメージとしてはブレザーのようなものだと思って貰えばいいでしょう。ブレザーの場合はメタル釦ですが、ジャケットは水牛などの釦を使っています。

ジャケットを決めたら、次はパンツです。カジュアルに着こなすならば、デニムを合わせてもいいですね。
ビジネスの場合にはグレーのウールパンツが最適です。ネクタイを締めても、ノータイでもジャケパンはコーディネートできます。

このようにビジネスからカジュアルまで使用範囲が広いのがジャケパンスタイルの利点です。

ネイビージャケット+グレーパンツならば、シャツを変えるだけでコーディネートのバリエーションを増やすことができます。

image

シンプルかつ上品なャケパンスタイルの定番的なコーディネート。

image

デニムもこの通り合わせられます。

ザ・スーツカンパニー

フォローする