ご存知ですか?馬毛の洋服ブラシ。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさん、こんにちは。

スタイリストの金子マサオです。

ウール物が手放せない季節になりました。

あまりにヘビロテし過ぎて毛玉ができたという方いらっしゃいませんか?

何度も着ていると、ウール物は毛玉ができてきます。

ウール物ならどんな高級なものでも毛玉は避けようがありません。

では、どのような対処の仕方があるのでしょうか。

よく使われるのは毛玉取り機です。

安価なこともあって毛玉を取る定番となっているようです。

しかし、毛玉取り機でセーターを駄目にしたことがある方もいるのではないでしょうか?

ローゲージニットなら対応できるでしょうが、ハイゲージニットは編み目が繊細なので、実際毛玉取り機では難しいでしょう。

毛玉取り機はニットの毛を切ってしまいます。

毛玉を切れば切るほど本体のダメージは大きくなります。

そもそもセーターのような編み物は生地を切らない方がいいのは当たり前なことです。

そこで毛玉処理にお勧めしたいのが洋服ブラシです。

あまり馴染みがないようですが、服を大切に保ちたければ欠かすことのできない道具です。

服に付いた汚れはもちろん、セーターなどのニットの毛玉を処理してくれます。

ここで毛玉を取ると書かなかったのは理由があります。

洋服ブラシはブラッシングしながら毛玉を切り取るのではなく、毛玉を小さくして編み目に馴染ませてくれます。

ハイゲージのニットにも使えてとても便利です。

洋服ブラシは、一般的に出回っている豚毛よりも、とても柔らかな馬の尾毛を使ったものをお勧めします。

大切な洋服と何時までも永くお付き合いするためにもしっかりとメンテナンスすることが大切なのです。

image

石川のブラシ

フォローする