ビジネスファッションは信頼感が大切です。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんばんは。
スタイリストの金子マサオです。
ビジネスシーンでの装いは相手に不快感を与えないことが大切です。
例えば肩にフケがあったり、スーツがシワだらけだったり、靴が擦り切れていたりするのは論外です。
清潔感に欠けた装いはビジネスではNGと言えるでしょう。
この当たり前のことをして初めて信頼感のある装いができるのです。
またスーツが必要以上に大きかったり、逆に小さかったりしても見た目の悪さが出てしまいます。
サイズに合ったスーツを着ることが信頼感を増すことに繋がります。
外見だけで信頼できるかどうかを測るのはどうだろうかと思われる方がいらっしゃるでしょう。
しかし、相手は貴方が思っている以上に貴方の一挙手一投足を見ているものです。気にかけることに越したことはないのです。
外見で損をしないためにも、信頼感を得るためにもビジネスにはそれなりの装いが必要なのです。

フォローする