似合う服の見つけ方とは?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

おはようございます。

パーソナルスタイリストの金子マサオです。

その服が本当にきている似合ってにるのか?
という疑問は尽きないものです。

それはなかなか自分では客観視できないですし、他人の目が気になるところでもあります。

自分の主観的な目線では、これはいいと思って着ている服が実は間違っていることもあります。

以前にもお話ししたダボッとしたサイズの大きいスーツをきている人や明らかに古い服、安い服と分かるものを着ている人がいます。

ご自身ではどうもそれがいいというか、それしか「知らない」ので、選択の余地がないことです。

古い服や安い服、サイズが合わない服が単純に悪いのではなく、問題はその人に似合う確率が低いことです。

逆に高い服を着ているのに安っぽく見えてしまう人もいます。。

一概に高い服を着ればいい、よく見えるという考えは間違っています。

高い服でも着こなし方で安っぽく見えますし、
選び方でチグハグなコーディネートになってしまいます。

では、どうやって「似合う服」を見つけるのか?

・客観視してくれる人にアドバイスを貰う。
・洋服店に足繁く通う。
・徹底的に試着を繰り返す。
・お店の店員さんを見方につける(仲良くなる)
・ファッション雑誌などで服の知識をつける。
などなど。

手前味噌ですが、最速で似合う服を見つけたい人は、スタイリストに依頼することです。スタイリストならあなたの似合う服を的確に見つけだしてくれます。

フォローする