着こなしで体型を克服できるのか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

おはようございます。

パーソナルスタイリストの金子マサオです。

着こなしで体型を克服できるか?

という問い合わせをいただきます。

先に答えを言うとイエスです。

着る物によって見た目が変わるということは

以前にもお話しました。

服の形や色で体型を変えるというより、

見た目を変えるというニュアンスの方が近いでしょう。

元の体型はかわりませんので、相手に目の錯

覚を起こさせます。

どいうことかというと、太っている人は縦の

線を強調する服を選ぶとか、逆にピタッとし

た横のラインのものは避けた方が良いという

ことです。

太っている人は今流行りのスリムフィットタ

イプのものではなく、クラシカルラインのち

ょっとゆとりがあるシルエットのものを選び

ましょう。

反対に瘦せ型の人が、大き目の服を着ると、

より貧弱さが強調されてしまうので、

ジャストサイズのものを選ぶべきです。

また、色もとても大切な要素です。

濃い色はスリムに見えますし、薄い色は

膨張して見えてしまいます。

だからと言って、太っている人が薄い色を着

ない方がいいというわけではないのです。

配色によって体型をカバーできます。

例えば、上着に紺色を、パンツを白にします。

こうすることによって、バランスのいい配色

になりますから、濃い色一辺倒でなくていい

のです。
ただし着こなしを成功させるには、極端に体

型を意識し過ぎない方がいいのかもしれません。

フォローする