ネクタイをきちんと結ぶだけで見栄えが変わる!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

おはようございます。
 
パーソナルスタイリストの金子マサオです。
 
上半身にほぼ中心にくるネクタイの結び目は、
 
相対する人から見ると思いの外目立つものです。
 
結び目がやたら大きかったり、緩くて解けそうなのは
 
上品さに欠けます。
 
逆に言うと、ネクタイを上手に結べれば、
 
それ相応に見栄えがするものです。
 
ネクタイを見栄え良く締めるポイントは、
 
結び目をきつく結ぶことと、ディンプルを作ることです。
 
ディンプルというのは、結び目の下に作る「凹み」のことです。
 
また、このディンプルをきれいに見せるには、
 
結び目を気持ち強めに締めること。
 
結び目がしっかりと締められれば、シャツの襟にきれいに収まります。
 
この結び目が緩かったりすると、シャツの襟に収まりが悪くなり
 
だらしなく映ってしまいます。
 
ビジネスの場では当然のアイテムであるネクタイですが、
 
きとんと結ぶことで相手により一層好印象を与えることができます。
 
 
このディンプル、気をつけたいマナーがあります。
 
あくまでお洒落の範疇なので、必ずしなくてはならないということでは
 
ありません。
 
また、葬儀の時など目立つことを避ける場合にはディンプルはしないことが
 
マナーです。
 
 

フォローする