大人のファッションは引き算の着こなしで。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。

スタイリストの金子マサオです。

大人のコーディネートで大切なのは

アイテムをあまり盛りすぎないことです。

また前にも書きましたが、色数は3色までに抑えるのがベターです。

こういうことを考えると、大人のコーディネートは足し算ではなく、引き算のマイナスのコーディネートを考えるべきなのです。

またアイテムが主張し過ぎるシャツやネクタイもできるだけオーセンティック(正統の)な物にして、抑えを効かせます。

マイナスのコーディネートのメリットは、ファッションが「ブレない」ことです。

盛り過ぎて全体のバランスを失うより、一見地味に見えますが、ポイントを押さえたコーディネートは全体のバランスが取りやすくなります。

もし、少しだけ色香を出したい時は、アクセサリーやバッグ、眼鏡などの小物などで変化を付けてあげてください。

また、全体のバランスを考えた時に重要なのが、ヘアスタイルです。

ここは手を抜かぬ方がいいでしょう。
髪型で全体のバランスが崩れてしまうこともあるからです。

ここでも大切なのは流行を追いすぎるのではなくほんの味付け程度に考えましょう。

繰り返します。大人のファッションは引き算、マイナスを意識してください。