ファッションアイテムは少数精鋭でいきましょう

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。

スタイリストの金子マサオです。

某量販店で買う10着のスーツとその10倍はする

スーツ一着。どちらを選ぶか。

単に価格だけでは決められませんが、

上質なものならば私は後者を選びます。

必要に迫られて10着はいるという方もいらっしゃる

でしょう。

10着ものスーツが入るクローゼットは

結構な広さが必要だと思うのですが…。

本当にそれだけ必要な職業って却って特殊だと思うのは私だけでしょうか?

「私は経営の要は営業だからスーツが仕事着でボロボロになる。

高価なものは買えないので、質より量だ」と

言い切る経営者は果たしてどうなのでしょうか。

着飾ればいいというわけではないにしろ、

身だしなみ程度には良いものを装って欲しいものです。

袖口の汚れたシャツやサイズが合わなくなったスーツなど

は論外。でも実際に見かけてしまうのです。

上質というとすぐに高価格の商品を考えがちですけれど、

中にはコストパフォーマンスのすぐれたもたくさんあります。

自らの目で見て、触れて風合いを確かめて

本当に気に入ったものだけを購入すべきだと思うのです。

多くは入りません。少数精鋭でいきましょう。

フォローする