女性が好むファッションってあるの知ってますか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさん、こんにちは。

スタイリストの金子マサオです。

本日は、女性の目から見た男性ファッションについてです。

女性目線のファッションとは何か?

それは婚活やデートなどで女性ウケするファッションのことです。

では具体的にどんなファッションが女性にウケるのでしょうか。

女性たちの意見を私なりに集約してみました。

<清潔感があること。>
清潔感と言っても各人の基準が曖昧でしょうから例を挙げると、

汚れていない服を着ている。
髪の毛が整っている。
体臭をカバーしている。
指先まで気を遣っている。
よれていない服を着ている。
眼鏡が曇っていない。

まあこんなところでしょう。

そして、次が男性のセンスが出てしまう着こなしについてです。

<身体に合った服を着ている。>
身体に合っていない服を着ている方、

結構います。 シャツの袖が長い。パンツ丈が長い。

パンツがだぶだぶ。ジャケットが大きい。

<ブランドに頼らない着こなしをしている。>

ブランド一辺倒になると、

妙な雰囲気が出てしまうことがあります。

気をつけましょう。

ブランドこれ見よがしの着こなしは

女性に敬遠されてしまいます。

ブランドロゴが大きく入ったものは避けましょう。

好感が持たれるスマートカジュアルな着こなしとは?

やはり、男性のスーツ姿に弱い女性は多いようです。

しかし、いつでもスーツというわけにはいきません。

休日のデートや婚活のときなどはジャケパン、

カジュアルコーディネートになります。

ここで一着お勧めしたのが、ジャケットです。

ちょっとお洒落なレストランでも

ジャケット着用なら入れますし、

スーツの変形バージョンと考えると

ジャケットを活かせばうまくいきます。

でも、忘れてはならないことは、

着こなしはあくまで女性目線でするということです。

自分本位になってはいけません。

好感度アップを狙っていきましょう。

ジャケットの着こなしで注意したのが季節感です。

よく春なのに秋冬物のジャケットを着ていたり、

逆に冬なのに春夏物を着ている方がいますが、これは論外です。

春夏のジャケットならば、サマーウール、コットン、

リネン(麻)、シルクなどの生地のものを選びましょう。

もちろん、背抜きの方がいいでしょう。

ボトムス(パンツ)は、ジャケットに合わせていきましょう。

カジュアルに振るなら、デニム、チノパン、カラーパンツなど。

ちょっとエレガントに振るなら、ウールパンツがいいでしょう。

そのシーンに合わせた選択をしてください。

お食事にいく予定が組んであれば、デニムは避けて、

ウールパンツもしくはセンタープレスの入ったコットンパンツです。

靴は革靴がいいでしょう。

シャツはノータイでOKです。

この時期は、コットン、リネンなどのシャツなら

特に問題はないでしょう。

ただ、襟元にボタンが2つ以上付いているものは避けましょう。

またステッチに色を使っているシャツも避けたいところです。

そして最後に、あまりにお洒落上記過ぎないということです。

オーセンティックな着こなしがベストです。