そろそろ本気になって服について考えてみませんか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。
 
スタイリストの金子マサオです。
 
40代になったなら真剣に着るものについて考えてみませんか?
 
タンスに肥やしになっている服がある方も
 
今までのご自身の服装が今イチだと思っていた方も
 
この機会にちゃんとした服装の基本を学んでみましょう。
 
ビジネスではどんな服装をすればいいのか?
 
プライベートでは何を着れば大人の男がお洒落に見えいるのか?
 
そんなことを考えるチャンスがこの年齢だと思います。
 
30代まではがむしゃら仕事に励んできた人は、
 
服装については考える時間もなかったのではないでしょうか?
 
ただ仕事着としてスーツを着ていた、という人が
 
ほとんどだと思われます。
 
しかし、40代、50代になって少なからず時間や金銭に
 
余裕ができたならば、
 
ご自身のさらなる発展のためにも外見に磨きをかける
 
にはいい年齢です。
 
ビジネスでもプライベートでも格好良く振る舞う。
 
それがどれだけご自身に返ってくるとか考えると
 
とても楽しいものです。
 
同性からも、異性からもお洒落になったあなたを
 
絶賛してくれるはずです。
 
またご自身が経営者というトップに立つ方ならば、
 
部下は格好いい社長を自慢するでしょう。
 
そして憧れの対象にもなり得るのです。
 
外見=ファッションは若者の専売特許ではありません。
 
大人が生きていくうえで着こなしの基本を
 
学べばさらに生活に満たしてくれるものなのです。
 
 
 
 
 
 
 

フォローする