大人はダメージジーンズを履かない!?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんばんは。
 
スタイリストの金子マサオです。
 
ダメージ加工されたデニム。
 
特に切れていたり、穴が空いているデニムは、
 
大人にとってどうなのか?
 
端的に言えば、やめた方がいいです。
 
やはり40代、50代にもなると
 
清潔感が一番重要なので、これらのデニムは
 
それこそ見方によっては単に破れている、
 
もしくは切れているようにしか見えないのです。
 
もし、それでもダメージジーンズを履きたいのならば、
 
加工されている部分が当て布されていて、
 
肌が見えないものにしましょう。
 
この肌が見える見えないということが
 
清潔感があるように見えるかどうかにつながります。
 
一見ラフな感じで格好良く見えるかもしれない
 
ダメージジーンズも選択を間違えると
 
「汚い男」「だらしない男」に映ってしまいます。
 
大人が履くデニムはまず第一に清潔感。
 
それから形が大切です。
 
その上でどういう加工がされているか、
 
色具合はどうかという選択をした方がいいでしょう。
 
あくまで年齢を重ねた大人はそれ相応の
 
アイテムを選ぶべきなのです。
 

フォローする