ビジネスシーンで「装う」こととは?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。
 
スタイリストの金子マサオです。
 
本日は、「装う」ということについてお話します。
 
端的に言えば、「装う」ことは意図した目的が
 
あって「着る」ことであり、服を「着る」だけでは
 
「装う」ことにはなりません。
 
「着る」ことを戦略的に考えることも「装う」ことになります。
 
特にビジネスシーンでは外見が重要な要素を占める
 
場面もあり、TPOに合わせた「装い」が求められます。
 
無難な「着る」でいいと考える方もいらっしゃるでしょう。
 
あくまで無難なものにこだわるのはある意味で身勝手なこと
 
であるかもしれません。
 
それは外見というのは、必ず相手に見られるものだからです。
 
外見で相手の気分を害することもあります。
 
失礼に当たることもあります。
 
だから、ここ一番の大事な場面を想定すれば、
 
外見も大きな武器となるので、無難な「着る」ことよりも
 
ワンランク上の自分を輝かせてくれる「装い」で
 
勝負したほうがいいのではないでしょうか。
 
相手に敬意を払っていれば、無難な「着る」ことより、
 
「装う」ことを考えてみてください。
 
 

– – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – –
 
 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

フォローする