ファッションで自信をつけるには? 大き過ぎる靴履いていませんか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加


こんにちは。

スタイリストの金子マサオです。
本日は、靴のお話です。

よく私が見かけるのは、若い人が足に合わない靴を履いていることです。

女性でも男性でも結構ぶかぶかの靴を履いています。

女性など歩きにくくないのか。転んでしまわないのか不思議なくらいです。

足を悪くしてしまわないか心配です。

また、若い人でなくても、ぶかぶかの靴を履いている男性もいます。

スニーカーならまだいいのですが、革靴はちょっとマズいと思います。

いい年齢の大人がぶかぶかの靴ではエチケット違反です。

革靴を脱ぐときも履くときも、そのまま靴紐をほどかない人が

いますが、靴が傷むし格好よくありません。

それから爪先をとんとんと叩いて履く姿は…。

靴をもっと大切にしましょう。

どうしても靴というのは後回しにしてしまうアイテムです。

靴を脱ぐのが当たり前の日本人の生活感から、靴の履き脱ぎは

簡単に済ませたいもの。わかります。

不便と言えばその通り、靴紐を結んで、また解いてと

やっていると手間になります。

でも、まずはこれを当たり前にやる習慣をつけましょう。

特に大きめのサイズを購入してしまう人は要注意です。

簡単に履き脱ぎできるからと言って靴紐を外さないようになります。

便利からも知れませんが、お洒落とは程遠い。

革靴の靴紐を解いたり結んだりすることに慣れてくれば、

決して大きめのぶかぶかの靴でなくちゃんとジャスト

サイズのものが選べるようになります。

よく「お洒落は足元から」と言われるように、

足元まで気を配って全体のコーディネートを楽しみましょう。

フォローする