春夏、秋冬それぞれの生地を区別して選んでますか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

おはようございます。
 
スタイリストの金子マサオです。
 
本当に当たり前のことですが、季節感のある服を着ることによって
 
スタイリングがよりよく見えます。
 
逆に季節感を無視した着方には野暮ったさや
 
他人から見ると品に欠けるように映ってしまいます。
 
スーツならばどんな季節にも対応すると思っている方
 
いらっしゃいませんか?
 
基本的には春夏、秋冬の2シーズンに分けて考えればいいでしょう。
 
春夏、秋冬では使う生地が違ってきます。
 
基本的には春夏は軽量な生地を、秋冬は重量感のある生地を使います。
 
この「基本的」というのは秋冬でも最近は軽量な生地もあるからです。
 
秋冬の代表的な服地カシミアにシルクをブレンンドした生地は軽くしなやかです。
 
まあ例外はありますが、春夏の生地はサマーウール、モヘア、リネンが
 
代表的なものでしょう。
 
今の時期に厚手のウール地のスーツを着るのはNGです。
 
さすがに暑くなって着ることが困難なこともありますが、
 
ちょっと肌寒い時には結構この秋冬物を着ている方を見かけます。
 
また生地によっては3シーズン対応のものもあります。
 
これは夏を除く春秋冬の3シーズンに対応しているというものです。
 
ですが、5月6月の晩春初夏に3シーズンのスーツはけっこう難儀します。
 
蒸し暑さがありますから、できれば春4月くらいまで。
 
秋は10月くらいから着るのはいいかもしれません。
 
先ほど挙げた生地を100%使用した服地やそれぞれをブレンドした
 
混紡など生地の種類は様々です。
 
ご自身の目で見て、指先で生地を感じながら選ぶのがいいでしょう。
 
生地によって、織によってその風合いはかなり違ってくるのがわかります。
 
まずはショップに行って確認してみてください。
 
 
 

フォローする