オーダーメイドと既製品

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

おはようございます。

スタイリストの金子マサオです。

今日は、既製品スーツ(吊るしのスーツ)とオーダーメイドスーツについて

考えてみたいと思います。

まず、私の考えを簡単に述べると、どちらも甲乙つけがたい長所と短所が

あるということに尽きます。

これも購入するときの姿勢によりますが、「どうしても、今必要だ」という

場合オーダーメイドスーツでは時間がありません。

逆に使用するまでにある程度時間に余裕があるということであれば、

オーダーメイドスーツを選ぶことができます。

ただ日本のオーダーメイドスーツは混沌としているのが実情で、

《いいスーツ》をオーダーメイドで作るとしたら、20〜30万くらいは必要です。

下手をすると、オーダーメイドスーツなのに体にフィットしていない!

サイズ感が合わない!という最悪の事態が待ち受けていることにも

なりかねませんので注意が必要です。

《いいスーツ》とは仕立て屋さんのポリシーがスーツから感じられるものです。

一針一針を緩急をつけながら縫い上げる技は熟練した職人が持つ技です。

これにどのくらいの投資をするかは顧客次第なのですが。

オーダーメイドスーツといいながらも、非常に簡略した作りをしている

ものもあります。

これらをすべて「オーダーメイドスーツ」と呼んでしまうから

訳が分からなくなってくるのです。

話を簡単にすると、私が言う「仕立て屋さん」には

ラグジュアリーブランドのようなストーリーがあると思います。

富裕層向けに馬具を作っていたエルメスも旅行鞄を専門店だったルイ・ヴィトンも

一人一人に向けたオーダーメイドが始まりでした。

それから経て今なおブランドがブランドとしているのは、

背景に歴史や職人技に込められたストーリーがあるからです。

歴史は浅いのですが、日本にも同じようにクラフトマンシップを持って

顧客と一対一で話し合い(ビスポーク)、

最良のものを提供している仕立て屋さんがあります。

ここでは、実際に私が作ったことのある信頼できる仕立て屋さんを

ご紹介していおきます。

サルトリア ペコラ銀座

ペルサルタ

そして既製品についてですが、オーダースーツの話がここまで

長くなってしまったので、これは次回に回します。すいません。

では、今日も素敵な週末をお過ごしください。

フォローする